何歳からでもワクワク株投資

200万円をどこまで増やせる?

運と引き寄せ

自分で「年末ジャンボ宝くじ」を作る! の巻

ハズレのないクジがある! 絶対!(とは言わないけれど……) 「年末ジャンボ宝くじもう買った?」とよく聞かれます。もうそんな季節なんですね〜。この一年もあっという間だった……。 で、宝くじ。私は買いません! なぜなら昔からクジ運最低で、どーせハズレ…

「運」は自分で作れるのか?

「私は優秀な選手ではなく、運のいい選手になりたい」 そう語ったのは、1930年代にメジャーリーグで活躍したレフティ・ゴメス選手です。 賛成! 私だって、できれば運のみで勝負したい! だって今から優秀であろうとしても、もうムリそうだから……。 投資は「…

明日の相場はつかのまの楽園(多分)

今日よりいい明日はない 「今日よりいい明日はない」 これは、以前読んだ玉村豊男さんの本のタイトル。著者が以前ポルトガルを旅していてある青年から教わった言葉だそう。 ポルトガルっていうのは、はるか昔の大航海時代には栄えた国。だけど、やっぱり今は…

「風の時代」とSKY-HIさん  〜「成功」の定義を変えてみよう!〜

今年は200年に一度の大転換期! 今年から「風の時代」の始まりましたよ! と言っても多くの人はチンプンカンプン、なんじゃそれ? ですよね。 「風の時代」とは、占星術の世界観から生まれたもの。それによれば、世界は約200年ごとに大きく水→火→地→風という…

「イノベーション」はどう生まれるのか?

現在7銘柄保有中だが、久しぶりに〈9201〉日本航空以外は全部含み益が出ていて嬉しい限り。まあ、日々変動するので、これも一時的なことだろうけれど……。 会社も人も日々成長してナンボ さて、株をやってみてわかったのは、会社ってたいへんなんだなぁという…

日本一トイレがきれいな会社とは?

と聞いてみたくなるのは、鍵山秀三郎さん。今は引退されていますが、株式会社イエローハットの創業者です。 なぜこんな質問をしたいかといえば、鍵山さん、なんとトイレ掃除で小さな卸売り商店を、全国規模の大型カー用品チェーン店へと育てた人だからです。…

すべては、まず〝カッコ〟から

石田衣良の小説『波の上の魔術師』(文春文庫)を読む。 ニートの青年が、ある日不思議な老人に声をかけられ、徹底的にマーケットの世界を仕込まれる。そして、最後には庶民を苦しめる巨悪の銀行をマネーゲームで倒すという爽快経済ミステリーですよ。 ナゾ…